留学が英会話力を鍛える唯一のシステム

日本の教育システムでは、テスト問題や試験問題を解くための英語力は身につきますが、コミュニケーションを取るための英語力はほぼ身につくことはありません。

なぜなら、日本の英語の授業は英語を使うことではなく、覚えることを重視しているからです。単語やイディオム、文法などの形式ばかりに力を注ぎ、英語を話すことに対しては軽視しています。高校や大学卒業生が英語を話せないことが、その証明となっています。また、日本人は英語を話すことに対して恥ずかしさを感じているため、日本の授業では難しくなっています。

これを打破する方法として、留学システムがあります。ほとんどの学校が留学制度を取り入れており、条件を満たせば申し込めるようになっています。多くの人が躊躇しがちなので、留学するチャンスは格段に大きいと言えます。留学さえしてしまえば、英語を話さないと生活することができない環境に身を投じることになるため、自然に英語力は身につきます。また、積極的に自分から英語を話していかないと、何もできないので追い込むこともできます。周囲の人間が英語しか話さないため、日本のような恥ずかしさは一切感じる必要はありません。

どんどん話すと良いでしょう。留学を経験すれば、英語力が身に付き、英会話が自然とできるようになります。さらに、この経験が将来、就職するときに優遇されるポイントとなることもあります。得られるものは英会話力だけでなく、経験そのものなので、十分価値があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *