様々な場面で活用可能なバーコードリーダー

バーコードリーダーは文字通りバーコードを読み取り、画面に情報を表示するための道具です。

しかし、読み取りした情報を活用出来るのもバーコードリーダーのメリットです。白と黒の線が交互に並んでいるバーコードには英数字の情報を組み込むことが出来ます。数字と英文字で構成された文字列は部品番号などで活用が行われたり、価格情報などで活用されるなど、利用現場に応じて色々な使用方法が出来るようになっています。

例えば、物流倉庫などでは部品番号を管理する時にバーコードを使うことが多く、入荷作業や出荷作業の時には伝票のバーコードと商品についているバーコードをそれぞれ読み取り、2点照合で確認を行う時に利用出来ます。

お店ではポスレジシステムにバーコードリーダーを接続、商品についているバーコードを読み取ると、商品情報データベース内で読み取りした情報を検索、価格をデータベースから抽出してレジ会計の時に活用が出来るようになります。

単にコードを読み取るだけではそこに記載してあるコードの内容を確認するだけですが、情報を再利用することで様々な使い道に利用が出来るのがバーコードリーダーの特徴と言えましょう。

在庫管理の時などもコードを読み取る、情報をデータベース内で検索を行い必要な情報を取り出す。読み取った情報を活用して在庫管理に活用する、2点もしくは3点照合を行って入荷ミスや出荷ミスを削減するなど、様々な場面でバーコードリーダーは利用出来る便利な道具です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *