バーコードリーダーを使って業務効率化を図る

小売りなどを行うお店などではバーコードを使った管理が一般的になっています。

白黒の線が交互に並ぶバーコードは英文字および数字を格納出来る一次元コードです。商品番号や管理ナンバーは数字と英文字の組み合わせで構成が行われているケースは多いと言えましょう。

伝票に記載してある商品コードと入荷が行われた製品のコードを目視で確認することは出来ますが、「012」と「021」などの文字列は見間違いが起こりやすくなります。そのため、入荷時の伝票との照合を行う時にはある意味じっくりと時間をかけて比較を行い、正しいか否かの確認が必要です。

特に、長い文字列の商品コードなどはチェックに時間がかかります。バーコードリーダーには照合機能が付いているので、2点照合を行えば目視で起こりやすいチェックミスを防止出来ますし、2つのコードをバーコードリーダーで読み取るだけで整合性を確認出来るメリットは大きいと言えるのではないでしょうか。

特に、大量に品物が入荷した時などの工数削減は大きなものとなりますし、音で正しいかのか否かを知らせてくれるので短時間でチェック作業が出来ます。このチェック作業はバーコードリーダーとパソコンとの連携でデータ化が出来るメリットもあります。

例えば、入荷した商品の数量および管理番号をバーコードリーダーで読み取る、パソコンに情報を送信し、パソコン上で入荷リストとの照合を行えます。この方法で行えば伝票のバーコードを読み取る手間を省けますし、数量までバーコードで管理が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *