バーコードリーダーは携帯にも付いて製品がある

バーコードを読み取るためのバーコードリーダーは、情報を読み取りデータベースと連携を行ったり、読み取った情報をWi-Fiで転送を行いパソコン上でデータ処理を行う時、読み取った情報の整合性を確認するなどの目的で様々な分野で使用が行われています。

バーコードを使う事は業務効率のアップにも繋がりますし、情報を読み取るためにはバーコードリーダーが必要になるので、情報漏えいを防止する効果にも繋がります。最近の携帯電話やスマートフォンにもバーコードリーダー機能を持つ製品があるため、情報漏えいにおいては必ずしも防止に繋がるわけではありません。

携帯電話やスマートフォンに付いているバーコードリーダーは、ポスターや雑誌などに付いているバーコードを読み取りサイトへのアクセスを行う時などに使えます。例えば、雑誌の中で紹介が行われている懸賞応募をする時など、バーコードを読み取ればその都度サイトURLを入力してアクセスする手間が省けますし、応募する時にはスピーディーに行えるメリットもあります。

街中に掲示してあるポスターにバーコードが記載、それを携帯端末で読み取っておけば、画像として保存が行えるので、後からサイトにアクセスするなども出来るわけです。

バーコードリーダーは商品を取り扱うお店や物流倉庫などで活用が行われている便利な道具ではありますが、サイトへのアクセスを初め、お得情報をゲットしたい時など、普段使用しているスマートフォンを使って得られる利点を持っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *