バーコードリーダーの1対Nの読み取りについて

バーコードリーダーは文字通りバーコードを読み取るための装置です。

ボタンを押すとレンズ部分から赤外線が照射してバーコードを読み取り、情報を画面上に表示してくれます。縞模様状になっている線をバーコードと呼びますが、伝票や入荷物にそれぞれバーコードを付けておけば、二つを比較出来る注文通りの品物であるのか否かを確認出来るメリットを持っています。

スーパーなどの小売店ではポスレジシステムにバーコードリーダーやバーコードスキャナーが備えてあるので、商品バーコードを読み取ってから情報をデータベース内で検索を行い、お買い上げ商品の金額をレシートに打刻、商品在庫データベースと連携を行ってお買い上げ品を在庫からマイナスするなど仕組みを構築することが可能になって来ます。

スーパーの場合には、バーコードを読み取るだけの使い方をしていますが、物流倉庫内では注文数の確認でも利用が行われるケースが多くあります。一度に大量の出荷物を取り扱う物流倉庫では目視でのピッキングは厳禁で、必ずバーコードリーダーを使って作業を進める必要があり、同じ商品をピッキングする時にはちょっとしたテクニックを使うことで作業効率を高められます。

バーコードリーダーには1対1の読み取りの他にも1対Nの読み取り機能が付いています。1対Nは、マスター1に対し、複数と言う意味を持つもので、伝票のバーコードをマスターとして読み取り、同一商品のバーコードを順番に読み取って2つがそれぞれ正しいのか否かを確認出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *