バーコードリーダーは何をする道具なのか

バーコードリーダーはバーコードを読み取るための装置、これを知っている人は多いかと思われますが、バーコードリーダーを使うシーンには何があるのかを知らない人は多いのではないでしょうか。

倉庫内作業ではバーコードリーダーは異品防止に欠かせない存在で、ピッキング時には必ずバーコードを読み取り、注文通りの商品をピッキングしたのかを確認を行っています。物流倉庫は工場からの入荷物、工場やお店などへの出荷物を一時的に保管する施設です。

保管するためには書類に記載してあるものが正しいのかを入庫時に確認する、出庫時にも間違った品物を出荷しないように確認が重要な仕事になります。しかし、注文書に記載してある文字列が長い、アルファベットと数字で構成が行われている場合、読み間違いを起こしてしまう、間違った商品をピッキングしてしまう可能性も高くなります。

バーコードリーダーはバーコードを読み取ると同時に、2つのコードが正しいのか否かを作業者に教えてくれる便利な機能を持っています。長く読みにくい文字列を瞬時に読み取る、正しいか否かを教えてくれるわけです。

最近はバーコードとデータベースを連携した使い方をしているケースも多くなっています。お店で販売している商品にはバーコードが付いていますが、会計時にバーコードを読み取って在庫管理が出来る便利な時代です。倉庫内でも在庫管理は需要な管理項目で、バーコードリーダーで読み取ったデータをパソコンで管理する事も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *