話題のオムニチャネルについて

日本でも話題にっているのがオムニチャネルです。

オムニチャネルはアメリカで注目され、その後日本でも注目されるようになった言葉です。オムニチャネルとは、すべてのチャネルを指します。様々なチャネルを連携させることで顧客にアプローチします。

顧客を中心にしてチャネルを使い分けます。顧客が商品を購入するまで、様々なチャネルを駆使してアプローチしていきます。アメリカでも日本でもインターネットを活用した通販が人気を集め、店舗を持っている企業はインターネットと店舗の併用を促す方針を次々と打ち出しています。

店舗とインターネットを組み合わせることで、店舗で在庫がなかった場合でもネットの在庫があればそのまま配送することができます。顧客にとっては欲しい商品がすぐに自宅に届くというメリットがあります。オムニチャネルの取り組みはメーカーや小売店だけでなく様々な業界で進められ、成功した事例も多いです。日本では大手化粧品メーカーがビジネスモデルを構築し、大きな注目を集めています。

インターネット上では企業が様々なコンテンツを提供して顧客との関係を築きます。オムニチャネルは。それぞれの企業によって活用方法が異なります。成功している企業に共通していることは、顧客中心にサービスの設計がされていることです。自社の業績などにより、最適な活用方法を見つけ出し実践しています。複数のチャネルで試してみて、どのチャネルで成約に至ったかを分析し効率よくサービスを行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *