オムニチャネルを知れば商売は成功する

今日本ではオムニチャネルと呼ばれる言葉が流行していますが、これはどういうものでしょうか。

なんとなく知っているだけれどよくわからないという方は理解しておくと良いです。オムニチャネル自体は新しいものではなく古くからある戦略となっています。実際にオムニチャネルが本格的になったのは2011年でアメリカで行なっているのが特徴です。

具体的には企業がユーザーと接点を持つための戦略であらゆるチャネルを連結させて実現をします。今は店舗だけでなくインターネットビジネスも主流なのでECサイトを使った販売も行なっているでしょう。

従来だと店舗の在庫とECサイトの在庫が別になっていたため、お客さんは店舗で商品を見つけても売り切れで購入できない場合がありました。オムニチャネルを導入すれば店舗とECサイトの在庫を一元化する事ができる、さらに他店舗から在庫切れの商品を取り寄せられるので売り時を逃さないです。

これによりユーザーの満足度を向上させることができるため売上アップも見込めます。また顧客情報の一元化によりネットと店舗の会員情報をまとめる事ができるのも魅力です。ECサイトで商品を検索して店舗で支払いを済ませる、受け取りは後日自宅で行うといった事もできます。

どうしてオムニチャネルが注目されているのかというとスマホが普及したことで消費の見当と購入をすべてスマホで済ませる人が多くなったからです。売上を確実に上げたいなら導入してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *