オムニチャネルに取り組むメリット

オムニチャネルとは、omni(全て)とchannel(経路)を組み合わせた言葉で、あらゆるチャネルを通じて顧客がいつでも・どこでも・同じように商品を購入できる環境を構築することを指します。

特にECサイトでのマーケティング戦略として効果的で、大手百貨店やいくつもの実店舗を持つメーカー直販EC等を中心にたくさんの成功事例が出ています。オムニチャネルが急速に普及した理由としては、EC市場の急激な拡大と顧客の購買行動の変化が挙げられます。

日本での小売一意場規模がここ数年では減少傾向にある一方で、EC市場は高い成長率で推移していて、2020年には20兆円を超える勢いとなっています。さらに、スマートフォンやSNSが普及したことで顧客が手軽に必要な情報を収集して顧客同士で繋がりを持ち、必要に応じて行動を起こすようになった為に小売市業界における購買行動が多様化したことも理由の一つに挙げられます。

そのため、インターネットと現実の垣根は取り払われ、様々なチャネルを通じて顧客にアプローチすることが不可欠になったというわけです。企業や店舗でオムニチャネルに取り組むメリットはいくつかありますが、最も大きなメリットは販売機会の損失を減らせることです。顧客が商品を購入しようと思った時に店舗に在庫が無かった場合には、販売機会を失うことになってしまいます。

しかし、在庫が無かったとしても在庫がある他の店舗から顧客の自宅に配送したり、近所で商品を受け取れるようにすることで顧客が商品を購入してくれる可能性は高まります。また、顧客ごとに適したマーケティングを行うことでマーケティングコストの投資対効果の向上を図ることができ、売上も向上するというメリットもあります。

このように、オムニチャネルを導入することで様々なメリットを得ることができるので、今後ますます注目を集めることが予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *