オムニチャネルについて

オムニチャネル(omnichannel)とは、実店舗・ネットショップ・各種イベント・パソコン・モバイルなどのあらゆるチャネル・場所においてお客さんと接点を持ち、お客さんがどこからでも同じように商品を購入出来るようにすることです。

オムニチャネルは、実店舗・ネットショップ(通販サイト・ファンサイト・自社サイトなど)・テレビ通販・カタログ通販・モバイル・マスメディア・ソーシャルメディア・コールセンター・ダイレクトメール・野外広告など、ネットとリアルの垣根を超えて、あらゆるチャネルを使ってお客さんとの接点を持とうとする考え方です。同じような用語で「マルチチャネル」がありますが、これはオムニチャネルとは異なります。

前者は、ただ単純にチャネル数を増やして多角展開することであり、後者は全てのチャネルを連携させてお客さんとの接点を持とうとすることです。つまり、ネットショップで商品を注文した後に店舗で受け取れたり、店舗で商品の在庫がなくてもすぐにオンラインで問い合わせてフォロー出来るようにするなど、チャネルの連携によりお客さんにさらなる利便性と満足感をもたらします。

インターネットやパソコン・モバイル端末が普及することで、買い物が出来る時間と場所がさらに拡大されました。ネットショップなら深夜でも買い物が出来ますし、遠く離れたお店でしか手に入らなかった物でも、今では簡単に手に入ります。このような時代の変化による新しい販売のあり方として、オムニチャネルが注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *